FC2ブログ
ひろしま歴史街道散策くらぶ
4月定例会報告<2012.4.19>
○ひろしま歴史街道散策くらぶ:4月定例会報告

1.開催日時 平成24年4月19日/木曜日

2.講演会場 講演会:広島中央公民館 散策会:「古代山陽道と源平古戦場」
講演会場を地図で見る(広島中央公民館:■←googlemap)
(1)新年度頭取挨拶:中野頭取 本年度の進め方:佐々木卓也 指南役
   平成23年度活動状況および会計報告:保坂 世話人
(2)講演会 テーマ「ひろしま歴史街道トリップへの基本構想」10:15~10:30

 講演に先立ち市民大学としての4年間の活動を振返り、精勤された5名に「学位記」を、16名に「修了証」を佐々木指南役より授与する式が行われました。これまでに学んだ知識を活かして地域の歴史サポーターとしてさらに活動に精進していきたいと思いを新たにしました。
 午前中の講演では、これまでの4年間を振り返りつつこれからの活動計画を練ろうということで、「ひろしまの文化は“みち”の歴史から」として、佐々木指南役から「ひろしま歴史街道トリップ」の立ち上げの様子や活動の内容を裏話も含め詳細にご紹介いただきました。その活動の1つである歴史街道への取組みを、古代山陽道、出雲石見街道、西国街道、三田往来、都志見往来の5街道に加え、広島城下町を含む6つの活動成果について、協力団体との関連やマップや講座での参加資料も含め詳解を受け、これまでに築いてきた人脈やネットワークに思いをはせました。
 講演後に、本年度活動への会員相互の意見交換を行い、今後のイベント・行事開催計画に向けての参考としました。

(3)散策会 テーマ「古代山陽道と源平古戦場」13:30~17:20
○集合場所:アストラムライン広域公園前:(■←googlemap)
○今回の散策ルート詳細

より大きな地図でひろしま歴史街道散策くらぶ20120419を見る
クリックするとGoogle street VIEWでさらに詳細を確認できます。
←ここをクリック!


アストラムライン広域公園前から、古代官道唯一の大路であった古代山陽道に沿い、半坂を下るルートを歩きました。途中、井塚にある水車小屋を覗き、石内川に沿って大町駅跡4(五日市利松)に向かいました。浄土寺や難波―甫流の碑、新藤兼人監督(本年100歳)の記念碑の建つ、「石内尋常高等小学校」碑文を過ぎ、石内公民館で一休憩しました。この際に「石内散策コースガイド」を頂戴して、浄安寺薬師堂、臼山八幡神社、永井健子記念碑を訪ね、水晶が城跡の麓を廻り湯戸のモチヅキザクラの若葉と教徳寺(浄徳)寺観音堂を礼拝しました。さらに法専寺、廻国塔を経て、正覚寺では本堂に上り住職より由来を拝聴いたしました。その後、利松にある佐伯郡家跡の想定地辺りを懐かしみ、郡橋を渡り八幡地区の広電バス亭近くにて帰途に着きました。
○解散場所:広島市佐伯区八幡4丁目7付近:(■←googlemap)

講師・案内 佐々木卓也指南役

3.開催状況 講演会:21名 散策会:16名

4.配布資料 「ひろしま歴史街道トリップへの基本構想」6枚組
        資料マップ 「石内・歴史と緑の散策コース」:石内公民館より提供
              「湯戸の自然と歴史文化」2枚組:湯戸町内会にて制作

5.特記事項 新年度の節目となり定例会開催前に世話人会を行いました。恒例の散策後の
 親睦会は9名の参加を得て、新年度に向けての有意義な意見交換が出来ました。 以上


○今回の資料マップ紹介
・「石内・歴史と緑の散策コース」:石内公民館より提供

 
広島市佐伯区石内公民館で配布されているマップで、とてもきれいかつ
わかりやすくオススメのマップです。“このコースを歩いてみたい!”という方はぜひ一度
公民館へお立ち寄りしてみてください。
地図で見る(石内公民館:■←googlemap)

・「湯戸の自然と歴史文化」:湯戸町内会より提供

こちらは湯戸町内会で作成・配布されている資料で名勝のモチヅキザクラなどが紹介されています。

以上。ひろしま歴史街道散策くらぶ平成24年4月の活動報告でした。 
スポンサーサイト