FC2ブログ
ひろしま歴史街道散策くらぶ
12月定例報告会<2012.12.20>
○ひろしま歴史街道散策くらぶ:12月定例会報告 平成24年12月20日(木)

1.開催日時 平成24年12月20日/木曜日
2.講演会場 講演会:広島市中央公民館 散策会:広島城下(里程元標~胡子神社~広島駅)

講演会場を地図で見る(広島中央公民館:■←googlemap)
(1) 講演会 10:00~12:00 テーマ:「明治維新と広島城下」
年の瀬を迎えた講演会は女性の受講者も多く、華やかな雰囲気で始まりました。幕末を迎えた広島藩を基に、ペリー来航から始まる長州戦争では、江波村での西洋大砲試射が後の射的場設置になり、伊予三津浜航路開設が瀬戸内航路になり、それらが広島藩の後の改革の祖形となりました。第二次長州戦争では、廿日市宿や佐伯郡内が最も激戦地となり、数多くの被害や罹災者が出ており、一方城下では「お入り込み」の戦争景気も興りました。大政奉還や戊辰戦争を経て、明治政府の設立に至る動乱の中で、広島藩は密勅降下から外され、戊辰戦争への派兵を行うものの新政府へは参画できませんでした。廃藩置県に伴う広島藩では藩主浅野長訓の東京移住で250余年に及ぶ統治は消滅し、広島県が正式に設置されました。これまでの安芸国内の歴史の中で、源平合戦を始めて厳島合戦や長州戦争を含め、世界大戦と歴史の節目で広島は大きな災害を被ったのです。

(2) 散策会 13:30~17:20 テーマ:「西国街道と城下町組」 天候:晴れ時々曇り
集合場所:広島市平和祈念公園レストハウス;13:30出発(■←googlemap)
〇今回のルート詳細

より大きな地図で ○より大きな地図でひろしま歴史街道散策くらぶ2012/12/20 を表示
・散策経路:里程元標~本通~胡子神社~京橋~広島駅
12月にしては暖かな日和の中で平和祈念公園レストハウスに集まり、元安橋の由来の説明を受け、江戸時代以来の里程の基点である里程元標から、西国街道を京に向かい出発しました。爆心地にて被爆者に黙祷し、西国街道に沿い本通に敷設の各銘板を辿り、西横町、一丁目御門、東横町、革屋町、真鍋御門を確認しました。本通では最古の老舗「赤松薬局」前で、播磨屋町に因む湯川播磨守や、平田屋町の礎をなす平田屋惣右衛門など城下を支えた人達の一端に触れました。中の棚橋遺跡には築城時に物資運搬のため開削された際の石橋の遺構が残されています。仏壇通りでは三村庄一商店に寄り、広島仏壇の製造過程やその特徴を店主にお話頂きました。胡子神社に参拝し流川や薬研堀を経て、銀山町から京橋筋へ向かいました。京橋では広島城京口門から京都へ上る立派な橋柱が架けられ、的場町繊維街を抜け猿猴橋にて今日の散策会を無事終えました。広島城下町の西国街道を辿り、城下に今も残る橋や川や御門までも、城下を支えた多くの人達の足跡が学べた散策会となり、改めて被爆以前の街並が残る事実を確認しました。

解散場所:JR広島駅南口17:20解散(■←googlemap)

◎講師・案内 佐々木卓也指南役

3.開催状況: 講演会:23名 散策会:19名

4.配布資料: 「明治維新と広島城下」:3枚組 「西国街道散策地図」:1枚

5.特記事項:散策後に本会の発祥の地「肉のますゐ」で行った親睦会は、参加者16名で
女性も多数参加し華やいだ会になり、本年の締めに相応しい忘年会となりました。

以上です。
----------------------------------------------------------------------------
興味をもたれた方、詳しく知りたい方や、報告資料・散策地図についての
ご意見・ご質問などありましたら下記の「連絡先」から記載されている
メール・電話番号へ、お気軽にご相談ください。
過去の散策地図や講座資料が欲しいといったご相談にも対応いたします。
←こちらをクリックで連絡先へ移動します。
スポンサーサイト