FC2ブログ
ひろしま歴史街道散策くらぶ
6月定例報告会<2013.6.20>
○ひろしま歴史街道散策くらぶ:6月定例会報告 平成25年6月20日(木)

1.開催日時 平成25年6月20日/木曜日
2.講演会場:広島市中央公民館 
3.散策会 :アストラムライン広域公園前駅~アストラムライン長楽寺駅 

講演会場を地図で見る(広島市中央公民館:■←googlemap)

(1)講演会 10:00~12:00 テーマ:「古代国家と仏教寺院」

古代インドにおいてインダス川流域に栄えたインダス文明は、アーリア人(印欧語族)の移住後徐々に衰微しました。その後アーリア人はガンジス川流域に移り、都市国家を建設しバラモン教を成立させました。その中で釈迦牟尼世尊(釈尊=BC566~486)により仏教が起こり、釈尊の死後弟子たちにより教団(サンガ)として発展しました。

釈尊死後100年余が経過し、上座部(厳格な戒律派)と大衆部(戒律の緩和派)とに分裂しましたが、各派共引き続き発展していきました。上座部は小乗仏教と云われ南方に伝わり、大衆部は大乗仏教として西域・中国・朝鮮半島・日本へと伝わりました。

中国では老荘思想の影響をうけ道教と仏教は次第に習合し、日本では当初には崇仏派と廃仏派の争いがあり崇仏派が優位を保ち、天皇の信仰を得て国家仏教として栄え飛鳥の地に官寺氏寺が次々と建立されました。平城遷都後に聖武天皇の詔勅により、京師には総国分寺(総国分尼寺)の東大寺(法華寺)が造営され、諸国には国分寺(国分尼寺)が建立されました。

平安遷都後は奈良仏教(南都六宗)に対して、最澄(天台宗)・空海(真言宗)による仏教刷新が行われ、平安仏教が誕生し密教文化が発展し、台密(延暦寺)と東密(東寺)に分化し拡がりました。 
 
 


(2) 散策会 13:30~17:30 テーマ:「古代山陽道と伴部駅界隈」
 天候:曇時々小雨
集合場所:アストラムライン・広域公園前 13:30(■←googlemap)

〇今回のルート詳細 

より大きな地図で ひろしま歴史街道くらぶ散策20130620 を表示  

・散策経路:広域公園前~専念寺~沼田公民館~長楽寺

今にも降り出しそうな曇り空の中で、アストラムライン広域公園前駅を出発しました。
幸神社を右手に見ながら願行寺に到着し経蔵のコテ絵を拝見し、大歳神社・大塚観音堂・出雲神社・宮ヶ瀬神社を参拝し、安川筋を下り古代山陽道の面影を留める道筋を右手に、専念寺に参拝し広島市重要文化財の阿弥陀如来半跏像並びに本堂天井絵を拝観しました。

伴城跡を右手に見ながら沼田公民館に到着し休憩し、雲岸寺の広島県重要文化財である阿弥陀如来座像(境内施錠)を遥拝しました。古代山陽道「伴部駅」想定地を確認しつつ、安川筋に沿い湯の山湯治道への道標を確認しました。旧道に沿い長楽寺仁王門跡に至り長楽寺観音堂にて参拝の後に、アストラムライン長楽寺駅に到着し無事解散しました。

梅雨空の中で時々小雨が降りましたが、それほど暑くなくまずまずの散策日和でした。
 
 
解散場所:アストラムライン・長楽寺 17:30  解散(■←googlemap)

◎講師・案内 佐々木卓也指南役

(3)開催状況: 
  講演会:21 名 散策会:9名

(4)配布資料:
  「古代国家と仏教寺院」8枚組 「安佐南散策マップ」大塚/伴・奥畑2ルート
(5)特記事項:
  
散策後に広島本通界隈にて参加者8名(女性4名)で親睦交流会を行いました。

以上、「ひろしま歴史街道散策くらぶ」平成25年6月の活動報告でした。
----------------------------------------------------------------------
興味をもたれた方、詳しく知りたい方や、報告資料・散策地図についての
ご意見・ご質問などありましたら下記の「連絡先」から記載されている
メール・電話番号へ、お気軽にご相談ください。
過去の散策地図や講座資料が欲しいといったご相談にも対応いたします。
←こちらをクリックで連絡先へ移動します。
スポンサーサイト