FC2ブログ
ひろしま歴史街道散策くらぶ
9月定例報告会<2013.9.19>
○ひろしま歴史街道散策くらぶ:9月定例会報告 平成25年9月19日(木)


1.開催日時 平成25年9月19日/木曜日
2.講演会場:広島市中央公民館 
3.散策会 :「古代山陽道と太田川今昔」


講演会場を地図で見る(広島市中央公民館:■←googlemap)


(1)講演会 10:00~12:00 テーマ:「明治維新と教育制度」

江戸時代末期に幕府は遣外使節を数回に渡り、アメリカ・ヨーロッパ・ロシアに派遣しました。使節以外にも幕府や有力藩は、留学生を多数派遣し西洋文化を移入しました。

幕末最後の遣欧使節は慶応4年(1867)のパリ万国産業博覧会に参加し、日本伝統文化を紹介しヨーロッパ中で評判となり、ジャポニズムの興隆がありました。

明治政府となり岩倉具視を全権大使とする使節が米欧に派遣され、その際に黒田清隆の建議により使節に同行し、米欧に派遣された男女留学生は、帰国後に文化教育面で大いに活躍しました。

特に津田梅子は女子教育に力を注ぎ入れ、多くの人々が米欧に派遣され留学したのです。西洋文明に接し帰国した人たちの影響により、文明開化と評される変革が宗教・生活・思想・教育等に興りました。

教育に関しては明治4年(1871)に文部省が設置され学制が公布され、第1大学区~第7大学区と区分され、官位では帝国大学・高等師範学校が、私立では慶応義塾や同志社をはじめ、現在の有名大学の前身が次々と創設されました。


(2) 散策会 13:30~16:30 テーマ:「古代山陽道と太田川今昔」
 天候:快晴

集合場所:JR可部線緑井駅 13:30(■←googlemap)


〇今回のルート詳細

より大きな地図で ひろしま歴史街道散策くらぶ20130919 を表示

・散策経路:
 中須胡子神社~才ノ木神社~東野公民館~川内用水~善教寺~
 千足の渡し場跡~狐瓜木神社


9月半ばでもまだ暑い日射しの中、JR緑井駅を出発し旧雲石街道を南下し安川新橋を渡り、苧麻の生産で栄えた古い町並みが残る古市の町に入りました。

右に久保山神社を遙拝し、麻づくりのけば落としため河原に通じる石畳を見学しました。三川橋を渡り才の木神社(八幡社)に参拝し、川内地区に入り地元で尊崇される観音様を拝み、広島県天然記念物指定の「東野のモッコク」を左手に、東野公民館に到着しました。

休憩の後東野国民学校跡に立つ門柱を見ながら善教寺に参りました。開基の当初は禅宗でしたが真宗に改宗し善教寺と称したそうです。

古代山陽道の通る千足の渡しは、この辺りではないかと説明を受けました。安芸大橋を渡り戸坂の抓瓜木(クルメギ)神社に向かい参拝しました。貞観2年(860)の創建と伝えられ、急な石段の先にある社叢の中の社殿を拝みました。

戸坂と牛田を結ぶ旧道を歩き、天水(アマズ)バス停に到着し無事解散しました。

解散場所: 天水バス停 16:50ごろ解散(■←googlemap

◎講師・案内 佐々木卓也指南役

(3)開催状況: 
  講演会: 22名 散策会:17名


(4)配布資料:
  「明治維新と教育制度」5枚組
  『あさみなみ散策マップ』「古市ルート」「東野・川内ルート」2部

(5)特記事項 散策後に本通界隈で、参加者12名(女性5名)にて親睦交流会を行いました。

以上、「ひろしま歴史街道散策くらぶ」平成25年9月の活動報告でした。
----------------------------------------------------------------------
興味をもたれた方、詳しく知りたい方や、報告資料・散策地図についての
ご意見・ご質問などありましたら下記の「連絡先」から記載されている
メール・電話番号へ、お気軽にご相談ください。
過去の散策地図や講座資料が欲しいといったご相談にも対応いたします。
←こちらをクリックで連絡先へ移動します。
スポンサーサイト