FC2ブログ
ひろしま歴史街道散策くらぶ
2月定例会報告

○ひろしま歴史街道散策くらぶ:2月定例会報告平成29年2月16日(木)


(写真は対岸の基町方面から横川・寺町を望む)

1.日時: 平成29年2月16日(木)

 ・講演会場:広島市中央公民館 第一会議室館 

  :講演テーマ:「近代社会と広島県政」⑪学制公布と広島師範

   : 時間 10時00分~11時50分

  

より大きな地図で「散策経路・詳細」■←クリックで拡大検索できます。(Google Map)

・散策会

: 集合場所「広島市中央公民館」

: 集合時間 13時00分

・散策経路
「三篠橋・横川橋・寺町・天満町・福島川跡・己斐橋・西広島駅」

・解散場所「JR山陽本線西広島駅」


3.費用 参加費:500円/一人

4.講演会

講演テーマ:「近代社会と広島県政」⑪学制公布と広島師範

明治政府は、岩倉使節団を編成し遣外使節団として12ヶ国を歴訪し、欧米制度等を視察しました。使節団の構成は、長州、薩摩、肥前の藩閥政府の実力者で絞められました。

条約改正の交渉は出来ず帰国し、逆に欧米から信教の自由や内地解放を要求されました。使節団には5名の女子留学生も含まれ、他に団琢磨、中江兆民、通訳で新島襄等多彩な顔触れでした。

明治維新で今迄の慣習が多く改められ、神仏分離令、神道国教化、神社制度、キリシタン禁制撤廃等、諸制度の変換が進みました。生活様式にも変化が現れ、鉄道馬車、洋装が進み、ガス灯、煉瓦街、太陽暦、電信、鉛活字印刷等都市機能は整備されましたが、地方では江戸時代の生活が暫く続きました。

文明開化の下で啓蒙活動も活発になり、福沢諭吉の学問のすすめを始め、多くの思想家による庶民教育が進められました。学制の公布と学校の設立が興り、七大学区制で東京帝国大学や慶応義塾等が、地方での帝国大学や東西の女子師範学校も創立されました。

広島では広島高等師範学校(広島高師)が設立、東京高師と並び教育の西の総本山として教育界をリードしました。

5.散策会
 
 散策テーマ「雲石街道と西国街道」
13時~16時40分 天候 : 晴れ

 
 中央公民館を出て、白島天神と羽子板堀の説明を受け、三篠橋は以前には運上場渡しであった事を知り、本川沿いの楠木の大雁木は、当時は中心的な舟運の荷揚げ場所でした。

 商売繁盛の横川胡子神社に参拝し、隣接の横川お帰り観音様に安らぎを覚え、横川橋のモニュメントで旧橋を思いながら渡り、寺町の寺院群を代表し、本願寺広島別院(仏護寺)で仏護寺十二坊の解説を受け参拝しました。
 両側に並ぶ諸寺を見ながら、出雲石見街道の道標がある空鞘稲荷神社を参拝し、西国街道へと入りました。天満神社では宿場町であった天満町と天満宮の由来を聞きお参りしました。

 林の餅では美味しいお餅を買い、旧福島川の埋め立てられた勾配ある街道を過ぎ、二つの川が一緒になった太田川放水路に架かる己斐橋を渡りました。

 己斐では瀧の観音への道標を経て、広島電鉄旧己斐駅跡を確認し、被爆後最初の電車はここから発車したとの事でした。

 JR
己斐駅ではズッコケ三人組が迎えてくれました。風もなく初春のような天候の中、無事散策を終えました。

○講師・案内 佐々木卓也指南役

6.開催状況 講演会:20名 特別講演・散策会:20名

7.配布資料「近代社会と広島県政」「⑪学制公布と広島師範」6枚組

8.特記事項
定例会前ら世話人会を行い、役割分担について協議しました

散策終了後に西広島駅前にて、親睦会を開催しました。

以上

※興味をもたれた方、詳しく知りたい方は下記の「連絡先」から 記載されているメール・電話番号へ、お気軽にご相談ください                              

 ←こちらをクリックで連絡先へ移動します。

スポンサーサイト