FC2ブログ
ひろしま歴史街道散策くらぶ
11月定例会報告

○ひろしま歴史街道散策くらぶ:11月定例会報告平成30年11月15日(木)


(写真は太田川・長束方面/Google活用)

1.日時: 平成30年11月15日(木)

・講演会場:広島市竹屋公民館

  広島市中区宝町3-15            Tel 082-241-8003

:講演テーマ:「歴史街道今昔物語」

・⑦古代山陰道と諸国事情

: 時間 10時~11時45分

2.講演会
                                                  
 京師と西国を結ぶ山陽道は瀬戸内を控え、五畿内から西都大宰府に至る諸国の国内事情について解説頂きました。

 山陽道は四道将軍の吉備津彦を西道(ニシノミチ)に遣したことに始まり、成務天皇5年条の令にて国郡に造長を立て唈里を定め、東西を日縦とし南北を日横と為し、山陽を影面・山陰を背面とされました。

 山陽道は五畿七道の一つで、『延喜式』では播磨・美作・備前・備中・備後・安芸・周防・長門が確定され、京師と大宰府を結ぶ唯一の大路でありました。陸路のみならず瀬戸内海を通じ、淀川流域とも密接に結ばれていました。

 「吉備」についても話され、大化改新後の令制国では、備前・備中・備後・美作の4国とされ、現在では岡山県全域と広島県東部を指しています。吉備は古代には畿内や出雲国と並んで勢力を持っていたと言われ巨大古墳文化を有していました。優れた製鉄技術が強国の原動力とされ、多くの前方後円墳が見られるなど特徴を細かく解説頂きました。

 山陽道に沿う国府・国分寺・総社・一宮・国造・諸国の国情を一覧にて説明されると共に、古代吉備地方の国造・氏族(特に豪族の吉備氏・和気氏)について詳しく解説して頂きました。

3.費用 参加費 500円

4.散策会 散策テーマ「雲石街道と太田川筋」

 : 集合場所「JR可部線安芸長束駅」

 :集合時間 13時30分

 :解散場所  「アストラムライン不動院駅

〇散策経路

経路内容:13時40分~16時20分 天候:晴れ



より大きな地図で「ひろしま歴史街道くらぶ散策経路」を表示
 
  JR長束駅に集合し近くの原爆詩人の栗原貞子さんの実家の前を通り、蓮光寺では本堂にて御本尊や素晴らしい須弥壇を拝観すると共に、県指定天然記念物:長束の蓮華松の大きさに感嘆しました。

 途中とんこ積みのきれいな石垣を鑑賞しながら長束神社に着きました。長束村大年山に創建した古い神社で、明治6年に八幡宮から長束神社に改称されましたが鳥居には八幡宮の額がありました。境内では晴れ着で七五三のお参りに来られていました。

 太田川総水神の本社や若宮社を参拝し、太田川沿いに下り祇園大橋を過ぎ祇園水門を横手に見て管理事務所横の説明版で話を聞き、大芝水門を渡り不動院へ向かいました。不動院楼門は工事中でしたが、金堂の木造薬師如来坐像を拝観し集合写真を撮りました。

 不動院の歴史と安国寺恵瓊の貢献の説明を受け、不動院墓所で眠る安国寺恵瓊・武田刑部少輔の墓、福島正則の供養墓・豊臣秀吉の遺髪塚に祈りを捧げ、本日の散策を無事終了しました。

 秋晴れの穏やかな散策日和で、改訂された『広島城北大絵図』を使用した散策会でした。

○講師・案内 佐々木卓也指南役 
                                         
5.開催状況:講演会:12名 ・散策会:15名

6.配布資料
:配布資料「歴史街道今昔物語」⑦古代山陽道と諸国事情:4枚組(8頁)

7.特記事項

以上

※興味を持たれた方、詳しく知りたい方は下記の「連絡先」から

記載されているメール・電話無番号へ、お気軽にご相談ください。 

>>続きを読む
スポンサーサイト